ストレスフリーなタクシードライバー

ストレスを抱えるなら転職を

CATEGORY

未経験無資格からの仕事探し 未経験無資格からの仕事探し

ストレスを抱える方へ「ストレスを抱えるなら転職を」の管理人です。私自身が仕事でストレスを抱え、うつ病寸前にまで追い込まれた過去があります。幸いその時は転職によって自分に適性のある仕事に出会えて救われました。その時の経験からの学んだことを、多くの方と共有することでお役に立ちたいと思います。サイトへのご要望などあればjob_cc_stress2016◯yahoo.co.jpまでご連絡ください。(○→@)当サイトは

人間関係が苦手ならタクシードライバー

人間関係が苦手ならタクシードライバー


人付き合いが苦手なら

人間関係の構築そのものが苦手で人付き合いから感じるストレスが大きいという人には、タクシードライバーがお勧めの仕事です。なぜなら、タクシードライバーであれば人と接する頻度を最小限に抑えることができるからです。もちろん、お客様に対して目的地の確認や会計時のやり取りは生じます。しかし、接客や営業をしなければいけないわけではありません。そして何よりも同僚との関係がほとんど生じません。勤務時間の大半はタクシーの運転に当てられます。タクシー会社に所属したとしても自分一人で勤務できる仕事になるのです。
特にこれは中高年の方の転職の際に有利な点となるでしょう。どうしても一般の転職であれば新しい会社で人間関係を築きなおさねばならず、このことは人間関係の構築が苦手ではない人にとっても大きな負担となります。また職場であれば上下関係のある人間関係が生まれるため、中高年の方の場合年下の上司との関係性に悩んだり、年上の部下との関係性に悩んだりということも起こり得ます。しかしタクシードライバーであればこのような悩みはほとんど生じないので人付き合いが苦手な方には向いているといえるでしょう。

タクシードライバーのキャリア

タクシードライバーがお勧めできる理由には、その職に就くのが簡単だという理由もあります。一般的に、年齢が上がれば上がるほど転職は難しくなります。また資格が必要な仕事の場合、その資格の取得も若いうちの方が有利というのもあるでしょう。しかし、タクシードライバーであれば必要な第二種の運転免許を取得するだけで構わないので、よほど車の運転が苦手という方でなければ問題ありません。また以前とは異なりカーナビがありますので、道に詳しくなければいけないということも無いのです。

仕事のポイントは安全第一

いざタクシードライバーとして仕事を始める場合は、安全第一に取り組みましょう。万が一事故を起こしてしまえば相手の方へも大きな迷惑をかけてしまいますし、自身の人生にも大きな悪影響を及ぼしてしまいます。安全第一のためにも、眠気との戦いというのは大きなポイントになります。幸い、お客様を乗せている時でなければ時間の使い方に融通が効くし、人目を気にする必要が無いのがタクシードライバーの利点です。例えば小休止をとって昼寝をするなどして、常にコンディションを整えながら仕事をしましょう。またコンビニでコーヒーを購入したり、刺激の強いガムを噛むなどもお勧めです。

2016/2/12

オススメ特集記事

第二志望で練習する
2016.09.02第二志望で練習する

転職活動を行う場合は第二志望で練習しましょう。ただし、第二志望だからといって手を抜いてはいけません。第一志望のつもりで臨むからこそ本当の意味で練習にもなるのです。また転職活動を行うことで手に入る情報や出会いが増えると今までと考え方が変わり、実は第二志望にしていた会社の方が第一志望になっていたということも起こり得るためです。

責任感が強すぎる人
2016.02.04責任感が強すぎる人

責任感が強すぎる人は仕事で大きなストレスを抱えてしまいます。責任感の強さゆえに完璧主義に陥ってしまい、わずかなミスでも許せないからです。仕事にのめり込みやすいタイプでもあるので、ストレスを緩和するためには仕事から気をそらすと良いでしょう。また仕事に強い自信があったり過度の負けず嫌いな人も同じくストレスを抱えやすい人といえます。