ストレスを感じない第二志望面接のコツ

ストレスを抱えるなら転職を

CATEGORY

未経験無資格からの仕事探し 未経験無資格からの仕事探し

ストレスを抱える方へ「ストレスを抱えるなら転職を」の管理人です。私自身が仕事でストレスを抱え、うつ病寸前にまで追い込まれた過去があります。幸いその時は転職によって自分に適性のある仕事に出会えて救われました。その時の経験からの学んだことを、多くの方と共有することでお役に立ちたいと思います。サイトへのご要望などあればjob_cc_stress2016◯yahoo.co.jpまでご連絡ください。(○→@)当サイトは

第二志望で練習する

第二志望で練習する


第二志望での練習は大事

転職活動を始める場合、いきなり第一志望に挑むことは避けましょう。自分の志望動機も自己PRも普通はすぐには出来上がりません。もちろんまずは個人で作成し、次に転職エージェントなどの協力を得て磨いていくものではあるのですが、実際にエントリーシートを作成したり面接に臨むことでより磨かれるものです。そのため、第一志望への応募を転職活動の早い段階で行ってはもったいないのです。そこで、第一志望ではないけど興味はある第二志望の会社でまずは転職活動を行いましょう。ただし、第二志望で練習するときの注意点がいくつかあります。

第二志望とは伝えない

当たり前ですが、その会社に対して真剣にならなければ内定はとれません。特に面接を受けているときは、その会社が第一志望だと伝えましょう。そもそも転職活動の面接が1回で終わることは稀です。練習であるからこそ二次面接や三次面接、そして最終面接まで経験できた方が望ましいです。
また、転職活動を進める中で他の会社からは内定が取れなかったということもあり得ます。そうでなくとも考えが変わってその会社が第一志望に変わることもあるでしょう。もしその会社とは違う会社へ行く事になったとしても、堂々と事情や考えが変わった旨を伝えれば良いのです。

他社との並行状況は正直に伝える

これは面接のテクニックとしてですが、他社の面接も受けておりそちらも順調に進んでいると伝えた方が相手にとってより魅力的な人材にみえます。またそのような話とは別の問題として、その会社とは違う会社に行く場合に事前にその可能性も伝えておいた方がいざという時に気持ちが楽になります。

予定の入社日には余裕を持たせる

転職活動をしていて特に好感触を得られている場合、いつ頃の入社が可能なのかは必ず聞かれる質問です。その質問に対しては可能な限り長めの日程を伝えましょう。そうすることで、内定を保持した状態で第一志望の面接を迎えることができます。日程を先に延ばすテクニックとしては、今の職場で引き継ぎ案件があると伝えるとスマートな言い訳になるのではないでしょうか。

その会社に入社するつもりで取り組む

これまでのまとめにもなりますが、第二志望の会社であっても第一志望の会社と同じ気持ちで取り組みましょう。そもそもそれくらいのつもりでなければ練習にもなりません。また、自分の気持ちが変わる可能性もあります。どうしても会社の情報を外から集めるには限界があるので、募集に応募する前と応募した後で印象が変わることは良くあることなのです。そのような場合に備えても、後で後悔することのないよう1社1社真剣に受けましょう。

2016/9/2

オススメ特集記事

第二志望で練習する
2016.09.02第二志望で練習する

転職活動を行う場合は第二志望で練習しましょう。ただし、第二志望だからといって手を抜いてはいけません。第一志望のつもりで臨むからこそ本当の意味で練習にもなるのです。また転職活動を行うことで手に入る情報や出会いが増えると今までと考え方が変わり、実は第二志望にしていた会社の方が第一志望になっていたということも起こり得るためです。

責任感が強すぎる人
2016.02.04責任感が強すぎる人

責任感が強すぎる人は仕事で大きなストレスを抱えてしまいます。責任感の強さゆえに完璧主義に陥ってしまい、わずかなミスでも許せないからです。仕事にのめり込みやすいタイプでもあるので、ストレスを緩和するためには仕事から気をそらすと良いでしょう。また仕事に強い自信があったり過度の負けず嫌いな人も同じくストレスを抱えやすい人といえます。