ストレスでうつ病になる前に転職しよう

ストレスを抱えるなら転職を

CATEGORY

未経験無資格からの仕事探し 未経験無資格からの仕事探し

ストレスを抱える方へ「ストレスを抱えるなら転職を」の管理人です。私自身が仕事でストレスを抱え、うつ病寸前にまで追い込まれた過去があります。幸いその時は転職によって自分に適性のある仕事に出会えて救われました。その時の経験からの学んだことを、多くの方と共有することでお役に立ちたいと思います。サイトへのご要望などあればjob_cc_stress2016◯yahoo.co.jpまでご連絡ください。(○→@)当サイトは

うつ病になる前に転職を

うつ病になる前に転職を


ストレスに押しつぶされる前に

本サイトでは仕事で大きなストレスを抱えている人向けに、そのストレスによってうつ病などの大ダメージを負ってしまう前に適切な対処をしてもらうことを目的としています。また、今の仕事や勤務先の状況を改善することで状況を打破できる可能性があるのであれば良いのですが、そうでないのであれば転職をすることで抜本的な環境の改善を図ることをお勧めしています。なぜなら、どうしても人の持つ適性や気質といったものは変えようがなく、仕事に自分を合わせるよりは自分に合った仕事を見つける方が現実的だからです。
そのためこのサイトでは特に仕事でストレスを感じやすい人の気質を紹介し、そういった気質をお持ちの方がどのような仕事に就くと良いのか、またいざ転職を考え出した場合のアドバイスなどを掲載しています。

ストレスとうつ病の怖さ

徐々に世の中にも認知されてきたことですが、うつ病は甘えではありません。過度のストレスに長期に渡ってさらされ続ければ誰でも患ってしまう病気です。この病気の怖いところは、端からは外傷などが無いため病気と認識されづらいところです。本人ですら自覚症状がない場合があります。そして予想以上に完治には時間と手間を要します。もしうつ病になってしまっても治療は可能なのですが、それでもその間に失った時間は戻ってきません。
毎日の仕事にストレスを感じている方は、うつ病の可能性が無いか注意しましょう。なってしまう前であれば、ストレスの原因を避ければそれで大丈夫です。しかしそれまでに受けたストレスが限界を超え、精神が傷ついてしまうと簡単には治らないのです。

本人の適性を活かせる仕事に就く

仕事で過度なストレスを感じる原因は、職場が適切な労働条件で人を雇用していない場合と、その仕事が著しく合っていない場合の二つがあります。いずれにしても無理に自分を合わせようとしても限界があります。その場合は転職をした方が良いでしょう。
そして仕事が合っていない場合は、自分がどのような性格や気質を持っているのかを理解しましょう。そして自分の持っている性格や気質を活かせる仕事を見つけましょう。例えば責任感の強すぎるタイプの人であれば、行政書士などの士業が向いています。また人に気を遣いすぎてしまう人には介護職などが適性を活かせるでしょう。このように自分と仕事の相性を考えることで、次の仕事選びでは同じ過ちを繰り返さないですみます。

2016/2/1

オススメ特集記事

第二志望で練習する
2016.09.02第二志望で練習する

転職活動を行う場合は第二志望で練習しましょう。ただし、第二志望だからといって手を抜いてはいけません。第一志望のつもりで臨むからこそ本当の意味で練習にもなるのです。また転職活動を行うことで手に入る情報や出会いが増えると今までと考え方が変わり、実は第二志望にしていた会社の方が第一志望になっていたということも起こり得るためです。

責任感が強すぎる人
2016.02.04責任感が強すぎる人

責任感が強すぎる人は仕事で大きなストレスを抱えてしまいます。責任感の強さゆえに完璧主義に陥ってしまい、わずかなミスでも許せないからです。仕事にのめり込みやすいタイプでもあるので、ストレスを緩和するためには仕事から気をそらすと良いでしょう。また仕事に強い自信があったり過度の負けず嫌いな人も同じくストレスを抱えやすい人といえます。