介護は気遣いできる人に向いた職種

ストレスを抱えるなら転職を

CATEGORY

未経験無資格からの仕事探し 未経験無資格からの仕事探し

ストレスを抱える方へ「ストレスを抱えるなら転職を」の管理人です。私自身が仕事でストレスを抱え、うつ病寸前にまで追い込まれた過去があります。幸いその時は転職によって自分に適性のある仕事に出会えて救われました。その時の経験からの学んだことを、多くの方と共有することでお役に立ちたいと思います。サイトへのご要望などあればjob_cc_stress2016◯yahoo.co.jpまでご連絡ください。(○→@)当サイトは

気遣いができるなら介護士

気遣いができるなら介護士


遣いができる人にお勧め

人に気を遣い過ぎてしまう、そしてそのためにストレスも過剰に感じてしまうという人には、介護士という仕事が向いています。もちろん介護士と一口にいっても様々なタイプの方がいるため、介護士全員に共通した性格というものはありません。しかし人に気を遣いすぎてストレスを溜め込んでしまうような人には、その適性を活かせる仕事になります。なぜなら介護士の仕事では対象となる要介護者の望みを把握し、細かな気遣いを行うことが求められているからです。
しかし、残念ながら現状ではこのような能力に長けた介護士は決して多くはありません。相手の方に対して、「お世話をする機会をいただいている」と思うのではなく、「お世話をしてあげている」というような思い違いをしている方が多いためです。確かに、介護士の仕事は簡単なものではありません。時間に追われることもありますし、高齢者の方の対応などではこちらの事情を組んでくれない人への対応もあります。しかし、それでも介護士の仕事は相手への思いやりや気遣いが大切になるのです。

介護士の仕事内容や働く場所

介護士の主な仕事内容は老人ホームやデイケア施設、あるいは対象となる方の住宅などに出向いて着替えや食事、入浴のサポートなど介護業務全般を行います。また施設で働く場合は、介護業務以外に入居者の方に楽しんでもらえるようレクリエーションの企画などを行う場合もあります。
仕事内容として、老人ホームなどの施設であれば入居者の方の身の回りのお世話が中心となりますし、個人宅であれば生活全般のサポートも含まれます。また医療機関で勤務する場合もあり、その場合は担当医師や看護師の指示に従って勤務することになります。

キャリアアップには資格が大事

介護士としてのキャリアを重ねていくのであれば資格の取得は重視しましょう。無資格でも勤務できる仕事ですが、介護職員初任者研修の受講を求められる場合が多いです。この資格は誰でも受講でき合格率も高いため、まずは一番初めのとっかかりとしても良いでしょう。そこから、医学的な知識も用いて介護者の身の回りのお世話をする介護福祉士や、生活相談員・ソーシャルワーカーとして介護者の方の生活設計をサポートする社会福祉士、要介護者の方の自立支援計画などを自治体と連携して作成するケアマネージャーなどの資格取得にステップアップしていきます。
これらの資格は全くの無資格状態でも勤務できる所もありますが学校などで資格を取得してから勤務する形も選べます。

2016/2/10

オススメ特集記事

第二志望で練習する
2016.09.02第二志望で練習する

転職活動を行う場合は第二志望で練習しましょう。ただし、第二志望だからといって手を抜いてはいけません。第一志望のつもりで臨むからこそ本当の意味で練習にもなるのです。また転職活動を行うことで手に入る情報や出会いが増えると今までと考え方が変わり、実は第二志望にしていた会社の方が第一志望になっていたということも起こり得るためです。

責任感が強すぎる人
2016.02.04責任感が強すぎる人

責任感が強すぎる人は仕事で大きなストレスを抱えてしまいます。責任感の強さゆえに完璧主義に陥ってしまい、わずかなミスでも許せないからです。仕事にのめり込みやすいタイプでもあるので、ストレスを緩和するためには仕事から気をそらすと良いでしょう。また仕事に強い自信があったり過度の負けず嫌いな人も同じくストレスを抱えやすい人といえます。