行政書士は責任感によるストレスが強い人に向いている

ストレスを抱えるなら転職を

CATEGORY

未経験無資格からの仕事探し 未経験無資格からの仕事探し

ストレスを抱える方へ「ストレスを抱えるなら転職を」の管理人です。私自身が仕事でストレスを抱え、うつ病寸前にまで追い込まれた過去があります。幸いその時は転職によって自分に適性のある仕事に出会えて救われました。その時の経験からの学んだことを、多くの方と共有することでお役に立ちたいと思います。サイトへのご要望などあればjob_cc_stress2016◯yahoo.co.jpまでご連絡ください。(○→@)当サイトは

責任感があるなら行政書士

責任感があるなら行政書士


責任感のある人に向いている仕事

責任感の強い人や完璧主義な人はストレスを感じやすいとお伝えしました。しかし、逆にその様な人にこそ向いている仕事もあります。例えば、行政書士です。
行政書士は官公署に提出する書類の作成や申請手続きの代行を主な仕事としており、取り扱う書類の種類は1万を超えるといわれています。官公署に提出する書類だからこそミスは許されません。それだけでも責任感が強い人に向いている仕事といえます。それに優秀な行政書士は書類の作成だけではなく、書類作成に関連して顧客の相談に乗りコンサルティングも行う存在です。相談内容は依頼主の今後を大きく決定づける様な重大なものも多く、その部分でも大きな責任感が求められるといえるでしょう。また、当然秘密保持などコンプライアンスへの責任感も強く求められます。

行政書士の仕事内容

行政書士の仕事内容を詳しく見ていきましょう。その仕事内容は官公署に提出する書類の作成や申請の代行になりますが、具体的には相続関連の手続き、自動車関連の手続き、会社設立の手続き、飲食店などの開業手続き、産業廃棄物許可関連の手続きなどになります。これらの書類は関連する立場になれば必ず出さねばなりません。しかし、素人がいきなり書こうとしても難しいものばかりです。もちろん時間をかけて調べながら書くことも可能でしょうが、それではミスや考え違いの可能性がどうしても残ります。多少のお金を払っても、プロの方に短い時間で確実に作成してもらった方が賢いといえるでしょう。加えて、多くの事例を見聞きした経験に裏打ちされたコンサルティングも受けられます。この様なメリットがあるからこそ、行政書士の仕事は人に求められる仕事といえるのです。
ちなみに書類作成のためのデスクワーク中心の仕事と思われがちですが、依頼者や官公署との打ち合わせも多く、ともすれば外出時間の方が長い活動的な仕事でもあります。仕事の一連の流れは顧客からの依頼に始まり、顧客との打ち合わせ、そして必要書類の収集や官公署への事前相談、書類の作成と提出という順になります。

行政書士のキャリア

行政書士という仕事の醍醐味の一つは、士業であるため比較的独立が容易なことです。特に責任感の強い人物であれば、その仕事ぶりのファンになってくれるお客様も多く、独立を希望した時に支えてくれる人との人脈形成もしやすいでしょう。もちろん独立を望まない場合は事務所勤務を続けるというキャリアも選べます。どちらが良いのかは人それぞれでしょうが、多様な選択肢があることは人生の自由度を上げてくれるといえるでしょう。

2016/2/9

オススメ特集記事

第二志望で練習する
2016.09.02第二志望で練習する

転職活動を行う場合は第二志望で練習しましょう。ただし、第二志望だからといって手を抜いてはいけません。第一志望のつもりで臨むからこそ本当の意味で練習にもなるのです。また転職活動を行うことで手に入る情報や出会いが増えると今までと考え方が変わり、実は第二志望にしていた会社の方が第一志望になっていたということも起こり得るためです。

責任感が強すぎる人
2016.02.04責任感が強すぎる人

責任感が強すぎる人は仕事で大きなストレスを抱えてしまいます。責任感の強さゆえに完璧主義に陥ってしまい、わずかなミスでも許せないからです。仕事にのめり込みやすいタイプでもあるので、ストレスを緩和するためには仕事から気をそらすと良いでしょう。また仕事に強い自信があったり過度の負けず嫌いな人も同じくストレスを抱えやすい人といえます。