真面目すぎる人の特徴は?ストレスを溜めないための対策2つ

ストレスを抱えるなら転職を

CATEGORY

未経験無資格からの仕事探し 未経験無資格からの仕事探し

ストレスを抱える方へ「ストレスを抱えるなら転職を」の管理人です。私自身が仕事でストレスを抱え、うつ病寸前にまで追い込まれた過去があります。幸いその時は転職によって自分に適性のある仕事に出会えて救われました。その時の経験からの学んだことを、多くの方と共有することでお役に立ちたいと思います。サイトへのご要望などあればjob_cc_stress2016◯yahoo.co.jpまでご連絡ください。(○→@)当サイトは

真面目すぎる人

真面目すぎる人


真面目な人の特徴

真面目な人の特徴として、【正義感が強い】【約束は必ず守る】【計画的に行動する】【完璧主義」【悩みを一人で抱えこんでしまう】などが挙げられます。
真面目であることは、会社の同僚や取引先と信頼関係を築くために大切。しかし度が過ぎると、強いストレスの原因となってしまうかもしれません。自分が真面目すぎると感じている人は、精神的な負担を減らすために改善策をとることをおすすめします。

ストレスを溜めにくくするには

「真面目すぎる人」がストレスを溜めないようにする方法として、2つが挙げられます。
【適宜気分転換する】常に考え事をしていると、ストレスや疲れはどんどん溜まってしまうもの。ときには休む時間を設けて、リフレッシュすること心がけてはいかがでしょうか。読書や散歩、音楽鑑賞など、自分にとってのストレス解消法を見つけるのがおすすめです。
【妥協点を見出す】すべてのことに完璧を求めてしまうと、その分思い通り・計画通りにいかないときのストレスが大きくなってしまいます。「妥協」は「手を抜く」とは異なることを念頭に置き、その時その時で代替案を考える癖をつけましょう。

仕事でうまくやっていくには

真面目な人が仕事をする上で心がけたいのが、困ったときは相談するということ。「自分に任された仕事だから」と使命感をもって実務に携わるのは大切ですが、すべてを一人で抱えようとすると、精神的・体力的な負荷が大きくなってしまうでしょう。 同僚や上司に相談することで、仕事の効率的な進め方や課題解決のためのヒントを得られると考えられます。「誰かに相談する」「周りに頼る」のは勇気のいることかもしれませんが、状況を改善するためにぜひ実践してみてください。 なお、「仕事を依頼されると、時間的に無理だとわかっていても引き受けてしまう…」という人は要注意。真面目であれば周りからの信頼が厚く、仕事を任される機会が多いと考えられますが、しっかり検討せずに引き受けるのは避けた方が良いでしょう。 時間に余裕がなくなると、ストレスから体調を崩す恐れも。「作業がスムーズに進まず、納期に間に合わない…」となると同僚・上司や取引先などに迷惑をかけてしまい、結果的に「スケジュール管理ができていない」と悪印象につながる恐れがあります。 仕事のパフォーマンスを上げるためにも、自分の考えをしっかり伝える、ときには周りの力を借りるといったことを心がけてみてください。

2019/7/11

オススメ特集記事

第二志望で練習する
2016.09.02第二志望で練習する

転職活動を行う場合は第二志望で練習しましょう。ただし、第二志望だからといって手を抜いてはいけません。第一志望のつもりで臨むからこそ本当の意味で練習にもなるのです。また転職活動を行うことで手に入る情報や出会いが増えると今までと考え方が変わり、実は第二志望にしていた会社の方が第一志望になっていたということも起こり得るためです。

責任感が強すぎる人
2016.02.04責任感が強すぎる人

責任感が強すぎる人は仕事で大きなストレスを抱えてしまいます。責任感の強さゆえに完璧主義に陥ってしまい、わずかなミスでも許せないからです。仕事にのめり込みやすいタイプでもあるので、ストレスを緩和するためには仕事から気をそらすと良いでしょう。また仕事に強い自信があったり過度の負けず嫌いな人も同じくストレスを抱えやすい人といえます。