ストレスの原因となる過度の気遣い

ストレスを抱えるなら転職を

CATEGORY

未経験無資格からの仕事探し 未経験無資格からの仕事探し

ストレスを抱える方へ「ストレスを抱えるなら転職を」の管理人です。私自身が仕事でストレスを抱え、うつ病寸前にまで追い込まれた過去があります。幸いその時は転職によって自分に適性のある仕事に出会えて救われました。その時の経験からの学んだことを、多くの方と共有することでお役に立ちたいと思います。サイトへのご要望などあればjob_cc_stress2016◯yahoo.co.jpまでご連絡ください。(○→@)当サイトは

気を遣いすぎる人

気を遣いすぎる人


他人に気を遣いすぎる人のストレス

社会に出て働く以上、周囲に気を配ることは一種のマナーといえるでしょう。社会人としてとても大切なことです。しかし、他人にどう思われているのかを極端に気にしてしまい過度に気を配ってしまうようになると、これは心の健康にとって良くありません。むしろ大きなストレスの原因になります。自分は他人に気を遣いすぎているのではないかと思う節のある方は、こうした形でストレスを溜め込んでいないのか振り返ってみましょう。
当然このタイプの方は普段一番長い時間を過ごす職場でも気を遣いすぎて張り詰めてしまっています。また、職場であれば上下関係のある人間関係で余計そうなりがちでしょう。しかしそれでは体も持ちませんので注意が必要です。

他人の視線を気にし過ぎない

他人に気を遣いすぎてしまう方は、他人からの目線を必要以上に気にし過ぎているといえます。極端な例を出せば、常に監視されているように感じてしまう人までいるほどです。そしてそこまではいかなくとも、自分の身だしなみや立ち振る舞いをどう見られているのかということに関して過敏になりすぎている方は大勢います。
また、他人の視線を気にしすぎる方は他人のことに意識が向くので、気がきき優しくなれるタイプでもあります。しかし不安感から行動してしまっては、本当の意味で相手を思いやる行為にはなりません。親切の押し売りになってしまい、かえって人間関係を悪くしてしまう場合もあります。リラックスすれば良いと伝えてもなかなか難しいでしょうが、まずは実際のところ他人はそこまであなたのことに関心を持っていないし気にするだけ損なんだということに気づけると良いでしょう。

自分に自信を持つ

こうして他人に気を遣いすぎてしまったり人からの目線に過敏になってしまう人は、往々にして自分に自信がありません。またそうした自信の無さが態度に出ておどおどしているように感じられたり、不安感からかえってミスを招いてしまい結果的にさらに自信を無くしてストレスも溜め込むという悪循環に陥りがちです。
すぐには難しいかもしれませんが自分に自信を持てるように頑張りましょう。仕事で成果を出して自信を感じられるようになるのが一番ですが、急には難しいかもしれません。そうであれば簡単過ぎて意外に感じるかもしれませんが、ジョギングを始めたり資格の勉強をするなど、プライベートの部分から自分の生活に変化させていくのもお勧めです。今までやっていなかったことを始めることで視野も広がり、新しいことに取り組んだという自信も少しずつですが獲得していけるでしょう。

2016/5/2

オススメ特集記事

第二志望で練習する
2016.09.02第二志望で練習する

転職活動を行う場合は第二志望で練習しましょう。ただし、第二志望だからといって手を抜いてはいけません。第一志望のつもりで臨むからこそ本当の意味で練習にもなるのです。また転職活動を行うことで手に入る情報や出会いが増えると今までと考え方が変わり、実は第二志望にしていた会社の方が第一志望になっていたということも起こり得るためです。

責任感が強すぎる人
2016.02.04責任感が強すぎる人

責任感が強すぎる人は仕事で大きなストレスを抱えてしまいます。責任感の強さゆえに完璧主義に陥ってしまい、わずかなミスでも許せないからです。仕事にのめり込みやすいタイプでもあるので、ストレスを緩和するためには仕事から気をそらすと良いでしょう。また仕事に強い自信があったり過度の負けず嫌いな人も同じくストレスを抱えやすい人といえます。