ストレスを跳ね除け余裕を醸し出す

ストレスを抱えるなら転職を

CATEGORY

未経験無資格からの仕事探し 未経験無資格からの仕事探し

ストレスを抱える方へ「ストレスを抱えるなら転職を」の管理人です。私自身が仕事でストレスを抱え、うつ病寸前にまで追い込まれた過去があります。幸いその時は転職によって自分に適性のある仕事に出会えて救われました。その時の経験からの学んだことを、多くの方と共有することでお役に立ちたいと思います。サイトへのご要望などあればjob_cc_stress2016◯yahoo.co.jpまでご連絡ください。(○→@)当サイトは

精神的余裕を見せつける

精神的余裕を見せつける


転職成功の鍵は精神的余裕

転職活動には常に精神的な余裕を持って取り組みましょう。なぜなら転職活動の面接では、これまでのキャリアや現状のスキルと共にどれだけ落ち着いて面接に臨んでいるのかも大きく評価されるからです。そして普段から慌てふためいていては、面接のシーンでも余裕を持った態度はできません。面接に落ち着いて臨み精神的な余裕を感じてもらうには日常生活からの心がけが大切です。
では、どうして精神的な余裕を持つことが転職活動の成功につながるのでしょうか。具体的には以下のような理由があります。

トラブルへの対処能力

精神的な余裕があると思われる人が面接で高評価を受ける理由は、その人はトラブル対応力が高い人材だと思われるからです。いざ仕事を始めるとなると予想外のトラブルは必ず発生します。顧客から急なクレームが来ることもあるでしょうし、何らかの理由でプロジェクトが頓挫してしまうこともありえます。エンジニアであれば、せっかく作ったソフトやシステムに解決不可能なバグが生じてしまうこともあるかもしれません。
他にも上司や同僚と人間関係で溝が生じてしまうこともあるでしょう。そうしたときに、精神的な余裕のある人間ではあれば簡単にはへこたれません。その状況を俯瞰的に見て、どうやったらそのトラブルが解決できるのかを落ち着いて考えられる人材を企業は求めています。

志望度の高さ

面接官側は相手がどの程度精神的な落ち着きをもっているかを、どの程度真剣に会社のことを調べてきたかを図るバロメーターにしています。これは会社への志望度が低い場合の例ですが、どこでもいいから受かろうとしてろくに会社のことを調べもしないまま応募して面接にやってきます。そして準備不足と知識不足のために、少し突っ込まれた質問をされるとすぐに慌ててしまい発言も支離滅裂になるのです。その様な姿からは精神的な余裕は感じません。
一方、真剣にその会社で働きたいと思っている人の場合、当然会社のことをよく調べてやってきます。そうであるからこそ、面接官からの質問への受け答えも落ち着いて論理的に話すことができるのです。このように、面接官は精神的な余裕の有無を志望度の強さに結び付けて見ているのです。志望度の高い人と低い人であればどちらが求められる人材かは明らかでしょう。

落ち着きが生むコミュニケーション能力

精神的な落ち着きがある人は、面接官をよく観察し適切に発言や質問の意図を見抜けます。また自分の発言に対しての相手の反応も正しく理解できるでしょう。一方精神的な余裕や落ち着きがない人は面接官のことを観察することができません。そのために相手の意図や反応を掴むことができず、ちぐはぐなコミュニケーションをしてしまいます。当然、落ち着いて適切なコミュニケーションのできる人材の方が面接での評価は高いでしょう。

2016/7/3

オススメ特集記事

第二志望で練習する
2016.09.02第二志望で練習する

転職活動を行う場合は第二志望で練習しましょう。ただし、第二志望だからといって手を抜いてはいけません。第一志望のつもりで臨むからこそ本当の意味で練習にもなるのです。また転職活動を行うことで手に入る情報や出会いが増えると今までと考え方が変わり、実は第二志望にしていた会社の方が第一志望になっていたということも起こり得るためです。

責任感が強すぎる人
2016.02.04責任感が強すぎる人

責任感が強すぎる人は仕事で大きなストレスを抱えてしまいます。責任感の強さゆえに完璧主義に陥ってしまい、わずかなミスでも許せないからです。仕事にのめり込みやすいタイプでもあるので、ストレスを緩和するためには仕事から気をそらすと良いでしょう。また仕事に強い自信があったり過度の負けず嫌いな人も同じくストレスを抱えやすい人といえます。